ボイストレーナー
田村 友祐

プロフィール
田村友祐1

田村 友祐ボイストレーナー

2003年からmac&lenneyのメインボーカルとして活動。2004年にリリースしたファーストシングル「to my father」はわずか2ヶ月足らずで2000枚を完売、この年、年間ライブの本数は200本を越えた。インディーズでは初となるavex主催の最大野外イベントa-nationやB-BOYPARK、テレビ東京流派-Rなどの出演でキャリアを積み重ね、2008年フルアルバム「MY LIFE」発表した後惜しまれつつも解散。2010年MAQDiとしてソロで活動を開始。mac&lenney時代からの圧巻のバラードは健在でリスナーが知らず知らず涙を流す。聞けばすぐに鳥肌が立つという表現をリアルに体感出来るだろう。どうやっても心の琴線に触れてくる彼の感動的な歌は他に類を見ない。MAQDiとして連続リリースした「let's talk about Me」「MELODY」では軽快なトラックに独特のリズムで歌いまわす新しい一面が見れる。2013年11月兵庫初のプロバスケットボールチーム「兵庫STORKS」の公式テーマソング「ONE」JAZZY BLAZE+MAQDiをリリース。2016年mac&lenney時代の相方であるlenneyが他界したことによって、思いを背負う形で再びアーティスト名を「MAC&LENNEY」に戻し関西を中心に精力的に活動中。




田村トレーナーのインタビュー

Q.音楽を始めたきっかけは?

中学生の頃にギター弾くブームが到来して、勿論僕もそのブームに乗る事になります。しかし友達の上達が早くて自分は取り残されたような気がしてそこまでハマる事になりませんでした。そのタイミングでカラオケに初めて友達と行った時に歌ったらカラオケに一緒に行った友達全員にものすごく褒められて驚かれた事がものすごく記憶に残っていて、気持ちよかったのが忘れられません。そこから調子に乗ってバンドのボーカルをやる事が音楽をはじめるきっかけになりましたね。

田村友祐2
田村友祐3

Q.最近ハマっている事は?

ハマっていると言いますか、悩みと言いますか、ラーメンが好き過ぎて困っています。なんならラーメンが健康的なら三食でも良いくらい好き過ぎて辛いです。なのでお家でインスタントラーメンを食べる時は野菜や卵やお肉をバランスよくいれたラーメンを作ったり、お店ではトッピングでそれらを補えるように注文したりしています。(スープは頑張って残す努力をします)なんなんでしょうかあの魅力は。。。

Q.音楽活動での思い出は?

高校卒業と同時にsony系列のレーベルのオーディションに合格して契約する事になるんですが、焼肉のバイト中に電話があって最終審査をパスした事を聞いた時は感動して仕事が手につかなかったのを覚えています。その後に親をまじえて契約の打ち合わせをする段階で「あー僕は歌手になるんだ」と実感しました。同時に親も僕が音楽をする事に反対していましたが、その段階でめちゃくちゃ応援してくれるようになります(笑)しかしやはりメジャーは甘くなく、東京でのレコーディングは朝の8時から夜の2時までぶっ通し、プロデューサーはスパルタで毎日ボコボコに怒られながら作詞とレコーディングをしていました。ウィークリーマンションで1ヶ月その生活は地獄だった記憶があります。それでもレコーディングが終わった時に感動とやり切った感で号泣したのを今でも忘れません。

田村友祐4
田村友祐5

Q.音楽活動で1番大切にしている事は?

昔にエアロスミスというロックバンドのライブを観に行った時に世界平和を望むと言うMCの後に始まった曲を聴いた時、感動して号泣した記憶があります。そのライブが今でも心に焼き付いて離れません。「感動」という感情を自分の曲を聞いてもらって是非感じて欲しいと思っています。「感動」というのは泣いてしまうような感動もあれば、「すごいかっこいい!」というような感動もあります。音楽を通して「感動」を届けていきたいと思う日々であります。

Q.レッスンで心がけている事は?

トレーナーという立ち位置から生徒さんならどう思う、どう感じるだろうと寄り添えるように生徒さんの立場になって、出来るだけ分かりやすい言葉で、ゴールを自らが実践して見せてあげながら導いていくと言うのを心がけてやっています。生徒さんが出来なかった事が出来たら僕も嬉しい。喜びは分かち合えるんですね。レッスンをしていく中で僕が学ばせて貰う事も実はたくさんあるんです。

田村友祐6
田村友祐7

Q.田村トレーナーにとって歌とは?

「ものすごく楽しいものでもあり、時には苦しいものでもあります。歌を好きになって練習すればするほどに奥が深く、未だに底が計り知れない所があります。だからすごく楽しいですが、厳しいものでもあります。気持ちや感情を伝えるためにはどうしたらいいのか、技術を細かいところまで磨き上げる為にはどうしたらいいのか。自分が思い通りの歌を歌えた時は、それはもう他には代え難い幸せを感じます。しかしそれを得るためには、その何倍もの努力が必要になります。

Q.このページを見ている人に一言

今このHP見ている事も大切な一歩です。vocal space Bのトレーニングメソッドはカラオケが上手くなりたいと言う方からトッププロで活躍されている歌手の方にも自信を持ってオススメできるトレーニングメソッドです。僕たちトレーナー、スタッフ全員気さくで楽しい人達ばかりですので、是非あと一歩を踏み出してみください!

田村友祐8

あなたもプロに負けないくらいの声で好きな歌を唄ってみませんか?