ピアノ講師/作家
草部 礼己

プロフィール
草部 礼己1

児島 悠ピアノ講師/作曲・編曲家

3歳でピアノを習い始める。高校卒業後専門学校でキーボードを専攻し、卒業後関西を中心にミュージシャンとして活動を開始する。数々のアーティストの交流により感性に磨きをかけライブやレコーディング、作曲プロデュースなど幅広く活動し2004年映画「Beat Kids」ではヒロイン ナナオ役、相武紗季にピアノシーンの演技指導なども行った。現在はステージネームと本名の両方でアーティストを様々な形でサポートする傍ら2006年秋、自己のグループ「Moon Religion」をArtist support crew 音楽製作crew productionとして立ち上げ定期的にfeaturing Artistを迎えステージプロデュース、演奏活動を開始。【Vocal Space B】で作家、アレンジャー、ピアノ講師として在籍。




作家・草部さんのインタビュー

Q.音楽を始めたきっかけは?

姉がピアノを習い始めたんですが、レッスン後に母親によく怒られていたんですよね。それが嫌で僕は絶対やりたくなかったんですがホントは母親は男の子にピアノを弾かせたかったようで、ピアノのレッスン通ったらレッスン終わりに仮面ライダーのガムを買ってあげるとそそのかされたんですね。。。いつのまにか反故にされてましたが。。。

草部 礼己2
草部 礼己3

Q.最近ハマっている事は?

数年毎に趣味が少しづつ変わってるんですが最近はアウトドア系youtuberの動画はけっこう見てます。あとは靴磨きですかね。。。。

Q.音楽活動での思い出は?

テレビで見ていたアーティストやミュージシャン、プロデューサー達の技術や考え方を実際にお会いし、たくさん体感できる機会をいただけた事。演奏で日本各地に足を運べた事、時々観光もできたり、現地での食事も楽しみだったり。。。。あとは学生の頃お世話になった先生達に今は現場で会える事ですね、時々先生達に当時の僕の話もされたりします。

草部 礼己4
草部 礼己5

Q.音楽活動で1番大切にしている事は?

意識的に何かを1番大切だと考えて音楽活動はしてませんが、お客様や生徒、一緒に演奏する人や仕事する人には安心感をもってもらいたいんです。「委ねてもらえる」という状態をキープする事です。

Q.レッスンで心がけている事は?

生徒によって吸収力も練習量も違うのでそれぞれのペースで充実してもらえるように考えてます。楽しんで練習できる方は良いですが苦手な事を克服するにはそれなりに忍耐もいりますからね、つまずいた時に寄り添えるとまた音楽の楽しみも深さも味わってもらえると思います。

草部 礼己6
草部 礼己7

Q.草部トレーナーにとって音楽とは?

なんでしょうか笑
今考えると攻める先も逃げる先も音楽だったような。。。。

Q.このページを見ている人に一言

フレンドリーなトレーナーがたくさんいますので是非一度覗いてみてくださいー!!

草部 礼己8

あなたもプロに負けないくらいのサウンドを作ってみませんか?