ギタートレーナー
今谷 航太郎

プロフィール
今谷 航太郎1

今谷 航太郎ギタートレーナー

幼少時代にビートルズが好きな父親の影響で音楽に触れて育つ。15歳の時に「弾き語りがしたい」と思い本格的にギターを始める。16歳~22歳までの6年間、プロのギターリストに師事し、ポップス・ハードロック・ジャズ・ファンク・ブルース・ボサノヴァなどの様々なジャンルを学び、幅広いプレイスタイルを習得する。その後のバンド活動では、TV出演を行ないながら、アーティストのツアーギターサポートのミュージシャンを行ない、レコーディングやCMの音楽制作を担当するなどプレイヤーとして幅広く活動を行なう。その傍ら、個人教室でギターレッスンを行ない、大手の専門学校でギター講師などの活動も精力的に行ない、自身の幅を更に広げていく。現在はバンド【emi-sauce】のギタリストとして活動中。多ジャンルのギタープレイを生かし、無限に広がるギターでの表現方法を沢山の方に伝えている。




今谷トレーナーのインタビュー

Q.音楽を始めたきっかけは?

親父がビートルズが好きで物心つく頃から車の中とかでよく聴いていて、その影響で音楽は好きだったんです。直接的なきっかけは中学3年の時に突然ギターを持ってきた人がいて、弾き語りをしていてそれが異様にカッコ良く見えてそれから2週間以内にギターを購入しましたね(笑)

今谷 航太郎2
今谷 航太郎3

Q.最近ハマっている事は?

味噌麹と醤油麹にはまっています!米にかけても上手いし、もろきゅうにしてもめちゃくちゃ上手いですね。味噌麹は甘辛い感じで、醤油麹はソリッドな感じですかね(笑)たまたま買ってみて使ってみるとめちゃくちゃ上手いじゃないかと!あとは筋トレですかね。腕立て伏せを拡げてやるのと狭めるのを毎日やってる感じです。

Q.音楽活動での思い出は?

10代の頃に2週間だけアイルランドへホームステイをして、その期間にギターの先生の家を訪ねてギターを教えてもらえるよっていうプランがついてたんですよ。英語とかもほとんど喋れなかったんですけど、ギターをかいしたら会話が出来たんですよ。音楽だと国境を超えるって良く言うじゃないですか?それを肌で感じる事が出来たんですよ。学校でもギターを弾くと「オー知ってる」みたいな感じで通じあえたんですよね。

今谷 航太郎4
今谷 航太郎5

Q.音楽活動で1番大切にしている事は?

楽しむ事ですね!何を弾いている時も、大変な案件が来ても楽しみ方ってあるので、それを探して楽しむという事ですね。ライブとかだと僕が楽しむのは前提なんですけどお客さんも楽しますことも大切ですね!いかに楽しませるかですよね。

Q.レッスンで心がけている事は?

「好きこそ物の上手なれ」僕の座右の銘でもあるんですけど物事の上達の一番きれいな形って好きになってめちゃくちゃやってたら上手くなっていたって言うのが一番ベストじゃないですか。ギターを初めてやる方もいてると思うんですけど如何に楽しいと思ってもらえるか、如何に好きになってもらえるかを考えながらやってます。

今谷 航太郎6
今谷 航太郎7

Q.今谷トレーナーにとって歌とは?

もちろん楽しくて初めて、人を楽しませたり出来るものでもありますが、僕は音楽で生活しているのでドライな事を言えば「生きる道」であり、「存在価値を作ってくれるもの」ですね。

Q.このページを見ている人に一言

歌だったり、楽器だったり音楽に興味を持ってこのページを見ている方が多いかと思いますが、ホントに気軽に触れて見て欲しいです。二の足を踏むのはもったいないです。音楽をやった事がない方でしたら是非始めて欲しいです。絶対楽しいですよ!!

今谷 航太郎8

あなたもプロに負けないくらいの声で好きな歌を唄ってみませんか?