ボイストレーナー
芦田 愛

プロフィール
芦田 愛1

芦田 愛ボイストレーナー

中学時代、合唱部にソプラノとして所属。数々のコンクールに出場し多数入賞。同時期にバンドでヴォーカルを担当し文化祭などライヴ活動を行う。2001年には東京にある事務所にソロとして所属し、大阪と東京を行き来する生活を送る。2002年バンド活動を始める。2003年には【BIG CAT】【CLAB QUATTOR】などを中心に月1・2回ペースでライヴを行う。そんな活動を経て、「自分の愛する音楽を、沢山の人に唄う事の楽しさや素晴らしさを伝えたい」と思いヴォイストレーナーになる事を決意し、新たにトレーニングの日々を行う2006年には全国にある有名ボーカルスクールのチーフトレーナーとして勤務。常時40人以上の生徒を指導。2010年【Vocal Space B】にトレーナーとして入社。生徒、トレーナーとの信頼関係を大切にし心でぶつかる事を大切に指導している。




芦田トレーナーのインタビュー

Q.音楽を始めたきっかけは?

もともと建築業をしていたのですが・・・まったく理数系じゃないのに理数系に進んでしまったのを20歳くらいに気付いたからですね(笑)

Q.え!?、気付いたから「あ、音楽しよ」って感じですか?

はい(笑)褒められて伸びる子なので、これまで周りの友人や先生、家族に褒められ続けていたのが歌だったんですよ。20歳くらいに東京の事務所に入って、そこからギャルバンをずっと続けてビックキャットやクワトロに出演していた感じです。

芦田 愛2
芦田 愛3

Q.最近ハマっている事は?

頑張り過ぎない事ですね!頑張り過ぎてるといい結果が出ないんですよ。歌もそうだと思うんですけど程良い案配がいいんじゃないかなと34.5歳くらいで気付いたんですよ。それを今実行している感じですね。

Q.音楽活動での思い出は?

こう見えてギャルバンでビジュアル系な事をしていたんですよ。バックダンサーを付けて、キラキラな着ているのかどうか分からないような衣装を着ていたんですよ(笑)その衣装で心斎橋を歩いた事もありますし・・・その時は旅行者から写真をいっぱい撮られましたね(笑)そんな7人のポップロックなバンドを経て「アラビアンゴシック」というジャンルに以降していったんですよ。また独自のジャンルですよね。目でも楽しめる独特なバンドをしていたのは良い思い出ですね。

芦田 愛4
芦田 愛5

Q.音楽活動で1番大切にしている事は?

自分たちの事を知らないでも楽しめるような話術であったり、アプローチであったりとかを常に心がけるようにしていますね。あとは求められている距離感を瞬時に判断するようにしていますね。これはステージに限った事ではないですがお客さんだったり、スタッフだったり、レッスンでは生徒とだったりとそれぞれの人に何を求めら求められている距離感の取り方に関しては天職やと思ってますね(笑)

Q.レッスンで心がけている事は?

音楽全般にそうだと思うんですが、凄く華やかな世界に見られがちなのですが、正直やっている事って凄く凄く地味だと思うんですよ!歌を歌う姿勢としてプロフェッショナルな意識に近づければ近づける程、奇麗ごとや華やかではない地道な努力や地味な部分が多くなると思うんですよ。そういう部分にしっかり寄り添ってその人のペースで一心同体となって進めていこうと思っています。

芦田 愛6
芦田 愛7

Q.芦田トレーナーにとって歌とは?

「生き方」ですね。全て自分の生き方ですし、生涯続けていきたいと思っていることですし、ここでのレッスンも自分の「生き方」として続けていこうと思ってます。

Q.このページを見ている人に一言

まずは1度会いに来てください!!

芦田 愛8

あなたもプロに負けないくらいの声で好きな歌を唄ってみませんか?