歌う時の舌の位置??

 

 

こんにちは!!

ボーカルスタッフ中条です😊😊😊

 

今週寒すぎでしょ!!  大阪市内でも雪がちらほら…❄❄❄

 

皆さん体調管理は大丈夫ですか??

中条は先週インフルエンザにかかってしまい、

改めて体調管理の大切さを身を持った感じた一週間でした😷😷😷

 

さて、今回は珍しく先生らしいことを投稿してみようかなと思います(笑)

日常でぼーっとしている時や笑っている時、話している時etc…

皆さんは 舌の位置を気にした事はありますか??

実は舌の位置というのは歌にも喋る時にも大いに関わってきます👅👅👅

普段何気なく使っている舌ですが、

味覚だけでなく発音や発声でも大事な役割を果たしています👅👅👅

 

 

例えば、中森明菜さん🎤🎤🎤

「飾りじゃないのよ涙は」出だしのフレーズは低くてかっこいい声の印象を持ちます。

ではこの時の中森明菜さんの舌の位置はどのあたりでしょう???

♪~わたしは泣いたことがない~♪ というフレーズの時、

実は舌全体、特に舌根の方が下がっていて口の中をのぞけば喉ち〇こが丸見えの状態(のはず)!!

1970-80年当時のアーティストに山口百恵さんやちあきなおみさん等が

同じように舌根を下げて低音の響きをしっかり作っています👅👅👅

 

時代ごとの流行によって世に受ける声質というのは変わっていくもの。

現在の邦楽はフェス、バンドやアニソン等が人気で

どちらかというと男女とも声質が高い方が好まれていると考えています!

これから音楽で食っていくという方は、次に流行りそうな音楽を見極める

というのも大事ですが、声質も操れるようにしておけば強みになると思います♪

その第一歩として舌の位置を日頃意識してみてはいかがでしょうか✨✨✨

 

今日は例として出した中森明菜さんの「飾りじゃないのよ涙は」。

声質に注目してモノマネしながら聞いてみてください♪

如何でしたか??

人間、出せる声は一種類じゃない。

意識するだけで七色の声も夢じゃないかもですよ😁😁😁

 

最後までお読みいただいて有難うございました♪♫♪♫♪♫♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歌を楽しんでますか?

独自のメソッドでボイストレーニング

他の歌の教室とは違う究極のボイストレーニング

大阪の中心心斎橋でレッスン

Vocal Space B

http://vocal-space.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です